<< 丸山薫 5 「犀と獅子」 | main | クミコーー深い言葉を歌う 1 >>
丸山薫 6 原子香水


    原子香水

 

   わずか幾筒かの爆薬で

   地表の半分を吹きとばすより

   たった数滴の香水が

   世界の窓を 野を 海を

   われらの思想と

   言葉の自由を匂わしてほしい

 

   ああ 誰かそんな香水を

   発明しないものか

   貴重なその一壜をめぐって

   国際管理委員会を設けよ

   人類のもっとも光栄にかがやく昧爽(あさ)

   それら噴霧を

   棚引く淡紅(ばら)のハンカチに浸ませ!

   すみれ色の空から降らせ!

 

若き日から私の座右の銘である、村野四郎『現代詩入門』に記された作品解説をご紹介します。

「幾本かの爆薬の筒で地球を半分吹き飛ばすような文明に未来があるでしょうか。

それよりも世界中の窓という窓、野原も海も、また万人の思想や言論の自由を馥郁と香らせるような香水があったら、どんなにすばらしいことでしょう。

原子爆弾より、こんな香水を発明する科学者はいないのでしょうか。もしこの香水がひと壜でもあれば、運用のために国際管理委員会を設立すればいい。人類のためにそれはどんなにすばらしい朝だろう。その香水をハンカチに染み込ませて、すみれ色の夜明けの空から振り撒いたらどんなにすばらしいことか」

 

「原子香水」に描かれた詩の世界は、詩人のたわいもない夢物語なのでしょうか。

いえ、そうではありません。原子爆弾という現代の悪魔的な威力に対して、嘲笑されることを恐れず、詩人が「愛」と「詩」を渾身の力でぶつけた勇気ある挑戦なのです。

 

「原子(爆弾)」と「香水」という全く相反するものを結びつけた着想に、非凡な風刺と鋭い機智(ウィット)を感じます。比喩というものは、譬(たと)えられる者同士の意味が遠く離れていればいるほど、結合した時に大きな衝撃力を生じます。そのモデルのような作品だと思います。

祖父を原爆で奪われている広島の私にとって、忘れることのできない詩です。


【メモ】丸山 薫189968 - 19741021日)大分市生。

第三高等学校(現・京都大学)卒。三高時代から、桑原武夫、三好達治、梶井基次郎らと親交。後、東京帝国大学(現・東京大学)文学部国文科に入学。第九次「新思潮」同人。

1928(昭和3年)大学中退、詩の活動に専念。船員を志望し、船や海、異国にまつわる詩が特徴。1933(昭和8)に堀辰雄らと「四季」を創刊。翌年「幼年」で文芸汎論詩集賞受賞。

戦時中の1944(昭和20)から1948(昭和24)までは山形県の岩根沢に疎開。岩根沢国民学校の代用教員(現在、丸山薫記念館がある)。

後、愛知県豊橋市に移る。愛知大学客員教授などを勤める。1954(昭和29)豊橋文化賞。


| 丸山薫 | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORY
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE