夏目漱石「夢十夜」2
 第2話 夢十夜 第3夜


 

  第三夜

  

 こんな夢を見た。

 六つになる子供を(おぶ)ってる。たしかに自分の子である。ただ不思議な事にはいつの間にか眼が(つぶ)れて、青坊主(あおぼうず)になっている。自分が御前の眼はいつ潰れたのかいと聞くと、なに昔からさと答えた。声は子供の声に相違ないが、言葉つきはまるで大人である。しかも対等だ。

 左右は青田(あおた)である。(みち)は細い。(さぎ)の影が時々闇に差す。

「田圃へかかったね」と背中で云った。

「どうして解る」と顔を後ろへ振り向けるようにして聞いたら、

「だって鷺が鳴くじゃないか」と答えた。

 すると鷺がはたして二声ほど鳴いた。

 自分は我子ながら少し怖くなった。こんなものを背負(しょ)っていては、この先どうなるか分らない。どこか打遣(うっち)ゃる所はなかろうかと向うを見ると闇の中に大きな森が見えた。あすこならばと考え出す途端に、背中で、

「ふふん」と云う声がした。

「何を笑うんだ」

 子供は返事をしなかった。ただ

御父(おとっ)さん、重いかい」と聞いた。

「重かあない」と答えると

「今に重くなるよ」と云った。

 自分は黙って森を目標(めじるし)にあるいて行った。田の中の路が不規則にうねってなかなか思うように出られない。しばらくすると二股(ふたまた)になった。自分は股の根に立って、ちょっと休んだ。

「石が立ってるはずだがな」と小僧が云った。

 なるほど八寸角の石が腰ほどの高さに立っている。表には左り()ケ窪(がくぼ)、右堀田原(ほったはら)とある。闇だのに赤い字が(あきら)かに見えた。赤い字は井守(いもり)の腹のような色であった。

「左が()いだろう」と小僧が命令した。左を見るとさっきの森が闇の影を、高い空から自分らの頭の上へ()げかけていた。自分はちょっと躊躇した。

「遠慮しないでもいい」と小僧がまた云った。自分は仕方なしに森の方へ歩き出した。腹の中では、よく盲目(めくら)のくせに何でも知ってるなと考えながら一筋道を森へ近づいてくると、背中で、「どうも盲目は不自由でいけないね」と云った。

「だから負ぶってやるからいいじゃないか」

「負ぶって(もら)ってすまないが、どうも人に馬鹿にされていけない。親にまで馬鹿にされるからいけない」

 何だか厭になった。早く森へ行って捨ててしまおうと思って急いだ。

「もう少し行くと解る。――ちょうどこんな晩だったな」と背中で独言(ひとりごと)のように云っている。

「何が」と(きわ)どい声を出して聞いた。

「何がって、知ってるじゃないか」と子供は(あざ)けるように答えた。すると何だか知ってるような気がし出した。けれども判然(はっきり)とは分らない。ただこんな晩であったように思える。そうしてもう少し行けば分るように思える。分っては大変だから、分らないうちに早く捨ててしまって、安心しなくってはならないように思える。自分はますます足を早めた。

 雨はさっきから降っている。路はだんだん暗くなる。ほとんど夢中である。ただ背中に小さい小僧がくっついていて、その小僧が自分の過去、現在、未来をことごとく照して、寸分の事実も()らさない鏡のように光っている。しかもそれが自分の子である。そうして盲目である。自分はたまらなくなった。

「ここだ、ここだ。ちょうどその杉の根の処だ」

 雨の中で小僧の声は判然聞えた。自分は覚えず留った。いつしか森の中へ這入(はい)っていた。一間(いっけん)ばかり先にある黒いものはたしかに小僧の云う通り杉の木と見えた。

御父(おとっ)さん、その杉の根の処だったね」

「うん、そうだ」と思わず答えてしまった。

「文化五年辰年(たつどし)だろう」

 なるほど文化五年辰年らしく思われた。

「御前がおれを殺したのは今からちょうど百年前だね」

 自分はこの言葉を聞くや否や、今から百年前文化五年の辰年のこんな闇の晩に、この杉の根で、一人の盲目を殺したと云う自覚が、忽然(こつぜん)として頭の中に起った。おれは人殺(ひとごろし)であったんだなと始めて気がついた途端に、背中の子が急に石地蔵のように重くなった。




ストーリーを要約してみます。

 

男が六つになる子供をおぶっている。自分の子だと分かっている。その子は目がつぶれていて、「青坊主(あおぼうず)」になっているという。子供なのに対等な口をきく。目が見えないはずなのに、周囲のことを何でも知っている。男は、この子供のことが怖くなり、どこかに捨ててしまいたいと思う。森を目標に歩いてゆく。雨が降っている。路はだんだん暗くなってゆく。突然小僧が「ここだ、ここだ、ちょうどその杉の根のところだ」 と言う。「お父さん、その杉の根の処だったね」と続ける。「おまえがおれを殺したのは今からちょうど百年前だね」と、その子が言ったとき、男は百年前の、 こんな闇の晩に、この杉の根で一人の盲目を殺したという記憶があることに気がついた。「おれは人殺しであったんだな」と気がつくと「背中の子が急に石地蔵 のように重くなった。」

 

怪談めいた結末ですが、読者を怖がらせるだけの安易な作品ではありません。

識者によると、不気味さの中に人間の原罪を問いかけているところが秀逸であると評価されています。「原罪」とは、キリスト教で人類の祖が犯した最初の罪のこと。蛇にそそのかされたイブとともにアダムが神にそむいて禁断の木の実を食べたことが旧約聖書創世記に記されています。アダムの子孫である人間は生まれながらに罪を負うとされています。

 

「原罪」という大きな宗教理念を持ち出さなくても、何かしら後ろ暗い思い、罪の意識を覚えるのが、この修羅の世を生きる私達人間です。その思いを一歩進めると、本人が自覚しようと、しまいと、人は生まれ落ちた時から罪を背負っているということになります。

 

私はこの作品を読んで、父を看取った日を思いました。私は自分の非力のため、不治の病を患った父に安らかな最期を迎えさせることができなかったという悔悟の念を持っています。気持ちの上では、自分が父を殺してしまったという感覚です。

 

ある事例を紹介します。地元の中国新聞に原爆で我が子を亡くした母親の述懐が掲載されていました。呉市の太尾田(たおだ)れんさん(当時30歳)は、原爆が炸裂した時、洋夫(ひろお)ちゃん(当時2歳)をおぶっていました。熱線はれんさんの背後から二人を襲いました。れんさんは顔などを負傷しましたが、おぶわれた洋夫ちゃんは全身に大やけどを負いました。治療もままならない状況下で幼な子は当日の夜、息をひきとりました。「自分がおんぶしていたせいで、大やけどを負わせてしまった」「我が子に助けられた」。れんさんはずっと罪の意識にさいなまれたといいます。

 

親子の関係性には、このように拭い切れない罪の意識が介在することが多いのではないでしょうか。「第三夜」に描かれている物語は、父親が子供を手をかけたという禍々(まがまが)しい事件が主題ではなく、これも「第一夜」で述べたような心象風景として解釈ができます。――災厄で我が子を死なせてしまった母親のように、生きていく中で人間の弱さ、無力さが犯す罪を象徴しているのだと。

 

 

「第一夜」「第三夜」で見て来たように、夢の手法は「愛」「罪」といった大きな文学的主題を寓意的に描くのに適していると思えます。『夢十

夜』は他に、芸術の在り方、明治という時代の問題点など様々なテーマが織り込まれています。漱石は『夢十夜』で、自らの奥底に眠る深層心理を冷徹に分析して見せました。それらは後に、「こころ」「三四郎」など日本の近代文学史上に輝く作品群に発展していきました。

なお、1990年に公開された黒澤明監督の『夢』という映画は、『夢十夜』の冒頭と同じ「こんな夢を見た」というフレーズで始まっています。

                               (この稿 完)




| 夏目漱石 | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0)
夏目漱石「夢十夜」 1
第 1話 「夢十夜」第一夜

夏目漱石は1864(文久4)年、江戸牛込馬場下場町に名主の父、小兵衛直克と母・千枝の末子として生まれました。本名は金之助。生後まもなく里子に出され、2歳の時、塩原家の養子となりますが、養父母の不仲のために9歳の時、実家に戻ります。夏目の性に戻ったのは21歳の時。東京帝国大学卒業後、1895(明治28)年、後に「坊ちゃん」の舞台となる松山中学の英語教師として四国松山に赴任します。1900明治33年から1903(明治36年まで文部省の留学生として英国に渡り、その後は帝大英文科の講義に力を注ぎます。

1905(明治38)年、「ホトトギス」に『吾輩は猫である』を連載、明治40年、東京朝日新聞社からの招きを受け、教官の職を捨て新聞小説「虞美人草」を書いて大きな評判を受け、初期3部作と言われる「三四朗」「それから」「門」を書き上げました。

 

「門」を書き上げた1910明治43年夏、胃潰瘍となり、静養のため訪れた伊豆の修善寺温泉で血を吐き、意識不明に陥りました。懸命の看護によって一命は取り止めますが、生死を超える体験によって、漱石の人生観は揺れていきます。「こころ」で明治と共に生まれ育った「先生」を人間の罪と重ね、己の過去を暴いて克服するかのように「道草」を書き上げます。その後、胃潰瘍悪化のため「明暗」は未完のまま、1916大正5129日、世を去りました。

 

漱石の文学活動はあらゆる分野におよび、講演録や評論、随筆、俳句や漢詩の作も多く、小宮豊隆、鈴木三重吉、寺田寅彦、芥川竜之介らの門下生を育てた功績も多大です。余裕派・高踏派と称され、森鴎外と並んで日本近代文学の最高峰を築いたと評されています。

 

『夢十夜』は、漱石が専属作家格で入社した朝日新聞のために書かれた小品です。東西両「朝日新聞」に1908(明治41)年7月25日〜8月12日まで、毎日一話ずつ掲載され、1910(明治43)年5月、春陽堂刊の小品集「四篇」に収録されました。戦後、伊藤整や荒正人などによって「第三夜」が、漱石の原罪意識のありかを示すものとして取り上げられて以来、この連作は漱石の無意識に秘められた願望や不安、恐怖などを対象化した作品として論じられています。

ちなみに「小品」というジャンルは、折にふれて、日常のちょっとした事柄を短くまとめて、写生風に書いた文章のことを言い、特に、明治末〜大正初年、雑誌の投書文芸などで流行した、百字前後の小散文や短文などを指しています。短編小説と随筆の中間のようなものと言うこともできるようです。

(以上、漱石の人と功績は阿刀田(あとうだ)(たかし)『短編小説のレシピ』を基に記しました)



 

  第一夜

  

 こんな夢を見た。

 腕組をして枕元に坐っていると、仰向(あおむき)に寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。女は長い髪を枕に敷いて、輪郭の柔らかな瓜実(うりざね)(がお)をその中に横たえている。真白な頬の底に温かい血の色がほどよく差して、唇の色は無論赤い。とうてい死にそうには見えない。しかし女は静かな声で、もう死にますと判然(はっきり)云った。自分も確にこれは死ぬなと思った。そこで、そうかね、もう死ぬのかね、と上から覗き込むようにして聞いて見た。死にますとも、と云いながら、女はぱっちりと眼を開けた。大きな(うるおい)のある眼で、長い(まつげ)に包まれた中は、ただ一面に真黒であった。その真黒な(ひとみ)の奥に、自分の姿が(あざやか)に浮かんでいる。

 自分は透き徹るほど深く見えるこの黒眼の色沢(いろつや)を眺めて、これでも死ぬのかと思った。それで、ねんごろに枕の(そば)へ口を付けて、死ぬんじゃなかろうね、大丈夫だろうね、とまた聞き返した。すると女は黒い眼を眠そうに(みはっ)たまま、やっぱり静かな声で、でも、死ぬんですもの、仕方がないわと云った。

 じゃ、私の顔が見えるかいと一心に聞くと、見えるかいって、そら、そこに、写ってるじゃありませんかと、にこりと笑って見せた。自分は黙って、顔を枕から離した。腕組をしながら、どうしても死ぬのかなと思った。

 しばらくして、女がまたこう云った。

「死んだら、埋めて下さい。大きな真珠貝で穴を掘って。そうして天から落ちて来る星の破片(かけ)墓標(はかじるし)に置いて下さい。そうして墓の傍に待っていて下さい。また逢いに来ますから」

 自分は、いつ逢いに来るかねと聞いた。

「日が出るでしょう。それから日が沈むでしょう。それからまた出るでしょう、そうしてまた沈むでしょう。――赤い日が東から西へ、東から西へと落ちて行くうちに、――あなた、待っていられますか」

 自分は黙って首肯(うなず)いた。女は静かな調子を一段張り上げて、

「百年待っていて下さい」と思い切った声で云った。

「百年、私の墓の傍に坐って待っていて下さい。きっと逢いに来ますから」

 自分はただ待っていると答えた。すると、黒い眸のなかに鮮に見えた自分の姿が、ぼうっと崩れて来た。静かな水が動いて写る影を乱したように、流れ出したと思ったら、女の眼がぱちりと閉じた。長い睫の間から涙が頬へ垂れた。――もう死んでいた。

 自分はそれから庭へ下りて、真珠貝で穴を掘った。真珠貝は大きな(なめら)かな(ふち)の鋭どい貝であった。土をすくうたびに、貝の裏に月の光が差してきらきらした。湿った土の匂もした。穴はしばらくして掘れた。女をその中に入れた。そうして柔らかい土を、上からそっと掛けた。掛けるたびに真珠貝の裏に月の光が差した。

 それから星の破片の落ちたのを拾って来て、かろく土の上へ乗せた。星の破片は丸かった。長い間大空を落ちている()に、角が取れて滑かになったんだろうと思った。抱き上げて土の上へ置くうちに、自分の胸と手が少し暖くなった。

 自分は苔の上に坐った。これから百年の間こうして待っているんだなと考えながら、腕組をして、丸い墓石(はかいし)を眺めていた。そのうちに、女の云った通り日が東から出た。大きな赤い日であった。それがまた女の云った通り、やがて西へ落ちた。赤いまんまでのっと落ちて行った。一つと自分は勘定した。

 しばらくするとまた唐紅(からくれない)天道(てんとう)がのそりと(のぼ)って来た。そうして黙って沈んでしまった。二つとまた勘定した。

 自分はこう云う風に一つ二つと勘定して行くうちに、赤い日をいくつ見たか分らない。勘定しても、勘定しても、しつくせないほど赤い日が頭の上を通り越して行った。それでも百年がまだ来ない。しまいには、苔の()えた丸い石を眺めて、自分は女に(だま)されたのではなかろうかと思い出した。

 すると石の下から(はす)に自分の方へ向いて青い茎が伸びて来た。見る間に長くなってちょうど自分の胸のあたりまで来て留まった。と思うと、すらりと(ゆら)ぐ茎の(いただき)に、心持首を(かたぶ)けていた細長い一輪の蕾が、ふっくらと(はなびら)を開いた。真白な百合が鼻の先で骨に(こた)えるほど匂った。そこへ(はるか)の上から、ぽたりと露が落ちたので、花は自分の重みでふらふらと動いた。自分は首を前へ出して冷たい露の(したた)る、白い花弁(はなびら)に接吻した。自分が百合から顔を離す拍子に思わず、遠い空を見たら、(あかつき)の星がたった一つ(またた)いていた。

「百年はもう来ていたんだな」とこの時始めて気がついた。

 



「女」は死ぬ直前に、きっと逢いに来るから百年待っていてくださいと言い残して世を去ります。「男」は百年が立ったかと思われる頃、「女」の遺言を疑い、騙されたように思います。すると「女」は思いがけなく「百合」の姿に化身して会いに来ました。その時、遥か上の暁の星から、死ぬ直前に「女」が流した涙のように、ぽたりと露が落ちました。

 

「女」が百合の花になり、その頭上で「暁の星」が(またた)いていたのは、漱石の深い思い入れがあった故のことでした。

 

「百合」というのは、「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」というように美人の姿を形容する言葉である。また、字面に注目すると「『百』年後に 『合(逢)』う」というメッセージでもあることが分かる。そして「暁の星」とは「明けの明星」といい「金星」のことを指す。金星はギリシア神話の美の女神 である「ヴィーナス」を表していて、惑星記号も「♀」という「女性」を象徴するものである。つまり、それらから「女」は、身近に存在し、いつでも逢うことのできる「自然」となって逢いに帰ってきたのである。

                 ウェブサイト:工藤順一「国語専科教室」

 

百合は百年が経ったことを暗示するメッセージです。百合が咲いた後に空から露が落ちたのは、死ぬ前に女の流した涙でした。

 

作品中に使われている小道具も大きな役割を果たしています。

穴を掘る道具として使われた「真珠貝」が、もしスコップであったらどうでしょうか。「土をすくうたびに、貝の裏に月の光が差し、きらきらした」というロマンチックさは到底表現できないでしょう。また、星の破片を墓標に

置いたことも、この上ないロマンチックな雰囲気を醸し出し、これらの美し

しい小道具は、「女」への一途な恋心を暗示しています。

普通、死者を墓に埋めるときは、「真珠貝」を使用したり、墓石に「星の破片」を置いたりはしない。それらを用いて表現することによって、本来ならば「死者を葬る」という陰鬱な作業に「美しいイメージ」を与えている。

また、墓石が丸く、滑らかであることは、「輪郭の柔らかな瓜実顔」という「女」のイメージと 重なり、それを「かろく土の上に乗せた」や「抱き上げる」と表現することによって、優しく穏やかな、愛情を込めた様子を読み取ることができる。つまり、これらの表現から、二人はお互いに優しい穏やかな関係であり、愛し合う恋人同士、あるいは夫婦円満な関係であったことが分かる。  ウェブサイト:工藤順一「国語専科教室」

 

この小品のテーマは、「輪廻転生(りんねてんしょう)」ということになるのでしょうか。

しかし、漱石が仏教の理念を伝えたくて書いたとは思えません。夢の中で、百年後に百合の花となって現われた「女」と再会するのは、「男」の心の中で起こったドラマ――言わば、「心象風景」に違いありません。

 

私達も亡くなった親しい人達と心の中で、あるいは、まさに夢の中で会うことがあります。「女」と心の内で再会することは、清純で甘美な恋の思い出であると言い換えてもいいでしょう。その思い出を漱石は文学的に昇華させ、「百合の花」と詩的に名付けたのです。百年という「女」を思い続ける永遠の時間が、「女」を百合の花という高貴な存在に化身させたのです。

 

百年を待つというのも、夢の世界であればこそ可能なことで、現実なら「男」はとうに亡くなっているかも知れません。漱石は夢物語を通して、時間を超越して愛し続ける究極の純愛を伝えたかったのでしょう。

冒頭で述べたように『夢十夜』は「小品」というジャンルに分類されていますが、「第一夜」は紛れも無く、清純な恋愛詩の味わいです。漱石の作品中、貴重な散文詩だと私は位置づけています。

                              (この稿続く)





| 夏目漱石 | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0)
SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORY
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE