吉野弘 4 修辞的鋳掛屋


     修辞的(しゅうじてき)鋳掛屋(いかけや)

 

     わが団地村を訪れる鋳掛屋の口上。

     「コウモリガサノ

     ホネノオレタシュウリ。

     ドビンノ

     トウヅルマキノユルンダシュウリ。

     ナベカマノ

     アナノアイタシュウリ。

     なんでもお申しつけください」

 

     マイクを口に押し当てて

     日曜ごとの時間。

     語順がおかしいので

     私は日曜ごとに訂正する。

 

     「鍋釜の穴のあいた修理」を

     「穴のあいた鍋釜の修理」に。

     もしくは「穴のあいた鍋釜の、修理」に。

 

     しかし

     語順訂正にも(かか)わらず

     「穴のあいた修理」の残像呪縛(じゅばく)は強い。

     余儀なく「てにをは」を変え

     「穴のあいた鍋釜修理」とする。

 

     何度目の来訪だったろう。

     私は鍋に穴をあけ

     鋳掛屋の鼻先へ突き出した。

     「穴のあいた修理」を頼む――。

 

     夕方、穴はきれいにふさがれて

     鍋は戻ってきた。

     「いらだっておいでのようですが――」

     と鋳掛屋は微笑した。

     「私は、夜毎、睡眠中のあなたを訪れていますが、ご存知ないでしょう。

      夜いっぱいかかって、人々の傷をふさぎ、朝、立ち去るのですが、私

      の手で傷が癒されたと思う人は、先ず、いないようです。

      それが傷というものでしょう。

      ですから、正確に〈穴のあいた修理〉としか、言いようがないのです」

                            詩集『感傷旅行』1971年

 

この作品を書くきっかけとなったエピソードをご本人から伺ったことがあります。

吉野先生がお住まいの新興住宅地は東京の郊外にあったので、日常、様々なサービス業者の車が訪れていました。その中の一つが、スピーカーから流れる台所用品の修繕屋の口上でした。


初めは、宣伝の口上がちょっと気になるという程度で、その違和感を深く追求することはありませんでした。しかし、休日に寝転んでいる所に毎回、同じ口上が聞こえて来るので、とうとう吉野先生の方が〈根負け〉して、日本語の使い方が何かおかしいと感じた言葉遣いの分析を始めます。


「修辞」というのは、言葉の表現技術という意味になります。ですから、タイトルが意味する所は、言葉の(わざ)を使うヘンな鋳掛屋という案配(あんばい)でしょうか。

 

さて、なぜ作者が執拗に、鋳掛屋の口上を訂正しようとやっきになるかと言えば、鋳掛屋の口上の〈鍋釜の穴のあいた修理〉という日本語を、字義通りに解釈すると、〈穴があいたままで完了する修理〉あるいは〈穴があいたままで良しとする修理〉という意味になると作者は言うのです。


ここの所は一読しただけでは、そのまま受け流してしまいそうですが、よくよく言葉の意味を額面通りに解釈すれば、作者の言う通りになります。

この辺の言葉に対する鋭い感覚は、常人を遥かにしのぐものがあります。

現実に、お鍋の底の穴があいたままで、修理が終わりましたよ、と言われたらお客は怒ってしまうでしょう。

 

しかし、心の世界にでは、まさにそういう不可解なことが起こっていると、作者は訴えます。それが終連で、作者がフィクションを駆使して挿入した、鋳掛屋と作者との夢問答です。


人の心の傷は時間が経てば痛みが癒されるというのは、よく慰めの言葉に使われます。

ところが作者はそれは本当かと疑問を投げかけています。

忘れたように思っても、古傷(トラウマ)に障るような出来事や言葉に出逢うと、またしても忘れたはずの傷みがぶり返す。だから、心の傷は時間が経っても治ることはない。

時間という薬が治せるのは、傷から流れる出血を止めるだけで、傷口そのものをふさぐことはできないのだと。

 

だから、傷口があいたままで、出血を止めた時点で、時間という鋳掛屋は修理を終わるのです。

穴のあいた修理――傷という心の穴が開けっ放しの状態で、心の痛みを抑える修理は完了です。いやはや、なんとも理屈っぽい話で、普段私たちが使うことのない脳の回路を刺激されるので、吉野弘の詩は難解だと言われるのかも知れません。

でも、作者は日常の卑近な話題から読者を詩の世界に案内してくれるので、じっくりと読めばメッセージは伝わってくると思います。

 

「祝婚歌」も、この「修辞的鋳掛屋」も、気休め的なやさしい言葉ではなく、人の心の現実の心理に沿って、作者は慰めのエールを送っています。

心に痛みを持つ人を、どうしたらうわべだけでない、真のやさしさの籠(こも)った詩の言葉で癒せるか、日々、心を砕いているのが吉野弘の詩業であると私は思います。


〈やさしい人格の持ち主〉と評価される詩人像はここから来ているのでしょう。

 

【メモ】吉野 弘 1926年、山形県酒田市生。商業高校卒。18歳の頃、高村光太郎『道程』を読んで感銘。1949年、労働組合運動に専念し、過労で倒れ、肺結核のために3年間療養。1962年、「帝国石油」退社。コピーライターに転職。

1972年、詩集『感傷旅行』で第2回読売文学賞。1990年、詩集『自然渋滞』で第5回詩歌文学館賞。

※吉野弘の代表作品を読むには、『ふたりが睦まじくいるためには』(童話屋)が入手可能です。また、今回ご紹介した「祝婚歌」「生命は」など自作の詩について詳しく綴った詩作入門書『詩のすすめ』(思潮社、新書版)も有益です。

                               (この稿続く)


| 吉野 弘 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0)
吉野弘 3 生命は

       生命(いのち)

 

        生命は

        自分自身だけでは完結できないように

        つくられているらしい

        花も

        めしべとおしべが揃っているだけでは

        不充分で

        虫や風が訪れて

        めしべとおしべを仲立ちする

        生命は

        その中に欠如を(いだ)

        それを他者から満たしてもらうのだ

 

        世界は多分

        他者の総和

        しかし

        互いに

        欠如を満たすなどとは

        知りもせず

        知らされもせず

        ばらまかれている者同士

        無関心でいられる間柄

        ときに

        うとましく思うことさえも許されている間柄

        そのように

        世界がゆるやかに構成されているのは

        なぜ?

 

        花が咲いている

        すぐ近くまで

        虻(あぶ)の姿をした他者が

        光をまとって飛んできている

 

        私も あるとき

        誰かのための虻だったろう

 

        あなたも あるとき

        私のための風だったかもしれない

                      詩集『風が吹くと』1977年

 

作者によると、ある時、庭の芙蓉の花を見て詩想がわいたといいます。

ご存じのように、芙蓉の花はめしべが長く、雄しべはめしべの下半分の長さしかありません。自分の雄しべの花粉を受け取りにくい構造をしています。自然界は、近親との交わりを嫌います。芙蓉の花も、身近な花粉は受け取りたくないという意志の現れなのですね。


作者はそこで考えます。「生物の生殖行為が安易に進行することを避けようとする自然の配慮がある。生命は自己の思い通りに振る舞っている末には、ついに衰滅してしまう性質を持っている。自己完結を破る力として、他者を介入させる生命の維持原理がある」と。


自己完結、つまり、他者の世話にならず安易に子孫を増やせたら、種は滅んでしまいます。だから、受粉のために虫や風の他者を必要とする自然のシステムが考え出されたのだというのです。

人も同じ。他人のお世話にならずに生きて行くのは不可能です。花と同様、〈その中に欠如を抱き/それを他者から満たしてもらうのだ〉ということになります。

作品の中で、硬派の表現がいくつかあるので、私流の解説を付しておきます。

 

○世界は多分/他者の総和=この世の中全体は、他人同士が寄り集まって成り立っている。

互いに/欠如を満たすなどとは/知りもせず/知らされもせず=自分に欠けた所を補ってもらっているとは、お互いに気づいていないし、教えてもらうこともない。

○ときに/うとましく思うことさえも許されている間柄=作者によると、「人間は本質的に自己中心に生きるものであって、他者についても本来は無関心なのであり、他者をうとましく思うことが普通。にもかかわらず、他者によって自分の欠如を埋めてもらっている」(吉野弘『現代詩入門』)

世界がゆるやかに構成されている=他人にいちいち礼を言わなくてもよい。恩に着せたり、恩に着せられたりという関係がない。うとましく思うことだって許されている気楽な関係。つまり、「単になつかしいのではなく、うとましくもある他者。同時にうとましいだけでなく、なつかしくもある他者」(吉野弘『現代詩入門』)

 

この詩について語る、作者の講演を聞いたことがあります。その時、印象に残った言葉を引用してみます。

「他人のお世話になった時は、普通はお返しをします。なんか気が重い、いつか返さなくちゃーと。

花、虫は蜜をもらうついでに花粉をお返しする。なんて粋なことをするんだろう。お世話になっても、お世話になったことを帳消しにする自然の摂理が組んでいます。でも、人間は他人同士が、いやでも助けられちゃう、いやでも傷つけられちゃうという、どうにもならない他者関係があります。

私たちも他人にとっては他者。他者は幸福の仲立ちもしますが、不幸の仲立ちもします」

 

閑話休題(ところで) 「生命は」は、作品が仕上がるまでに四回、書き直されたそうです。完成稿の前は以下のような詩でした。

       生命は

        生命は
        自分自身だけでは完結できないように
        つくられているらしい
        花も
        めしべとおしべが揃っているだけでは
        不充分で
        虫や風が訪れて
        めしべとおしべを仲立ちする
        生命はすべて
        その中に欠如を抱(いだ)き
        それを他者から満たしてもらうのだ
        私は今日
        どこかの花のための
        虻だったかもしれない
        そして明日は誰かが
        私という花のための虻であるかもしれない

この作品は恩師の高田敏子先生も愛好していて、吉野先生が高田宅を訪れた時、みんなの前で立ち上がって朗々と朗読しました。私もその場に居合わせたのでよく覚えています。その時の様子を吉野先生も著書に書かれています。
「ちょっとした所用で高田さんのお宅に伺ったとき、手帖に貼りつけた切り抜きの、この詩を私の前で朗読して下さった。テレくさかったが嬉しかった。自分の目にではなく自分以外の人の目に、どうやら読むに耐えるものとして映じたのだと思った」(吉野弘『現代詩入門』)

しかし、しばらくして作者は、この詩は〈他者〉についての考えが十分反映していないと気づきました。作品中の
〈他者〉は、大変なつかしい存在として捉えられていることに不満が残ったのです。作者は、〈他者〉を必ずしも好ましいものとは思わない、いやむしろ、煩わしいものとさえ感じている。その微妙なニュアンスをこのように綴っています。
「人間は本質的に自己中心的に生きるものであって、他者よりは自己を大切にする生物だと思う。他者についても、本来は無関心なのであり、他者をうとましく思うことが普通なのである。
しかし――である。それにもかかわらず、私たちは、そのような〈他者〉によって自己の欠如を埋めてもらうのであり、人間の世界は、
〈他者〉で構成されている。私も〈他者〉の一人である。そこで、単になつかしいのではなく、うとましくもある他者、同時に、うとましいだけではなく、なつかしくもある他者――そういう視点を、いくらか苦心して、この詩の中にすべりこませた」(同上書)
 

人の心の複雑性について深く考えさせる傑作だと思います。


                              (この稿続く)


| 吉野 弘 | 12:34 | comments(6) | trackbacks(0)
吉野弘 2 祝婚歌 


     祝婚歌        吉野  弘

 

     二人が睦まじくいるためには

     愚かでいるほうがいい

     立派すぎないほうがいい

     立派すぎることは

     長持ちしないことだと気付いているほうがいい

     完璧をめざさないほうがいい

     完璧なんて不自然なことだと

     うそぶいているほうがいい

     二人のうちどちらかが

     ふざけているほうがいい

     ずっこけているほうがいい

     互いに非難することがあっても

     非難できる資格が自分にあったかどうか

     あとで

     疑わしくなるほうがいい

     正しいことを言うときは

     少しひかえめにするほうがいい

     正しいことを言うときは

     相手を傷つけやすいものだと

     気付いているほうがいい

     立派でありたいとか

     正しくありたいとかいう

     無理な緊張には

     色目を使わず

     ゆったり ゆたかに

     光を浴びているほうがいい

     健康で 風に吹かれながら

     生きていることのなつかしさに

     ふと 胸が熱くなる

     そんな日があってもいい

     そして

     なぜ胸が熱くなるのか

     黙っていても

     二人にはわかるのであってほしい

                      詩集『風が吹くと』1977年

 

作者の姪の結婚式に出席できなかったので、代わりに書かれた詩だそうです。

タイトルが、結婚を祝する歌となっているのは、そのためです。クチコミでかなり広まり、結婚式でこの詩の一節を耳にされた方もおられるのではないでしょうか。

解説は不要でしょう。ゆったりと朗読すれば、詩のエッセンスが無理なく心に沁み込んで来ます。


〈正しいことを言うときは/少しひかえめにするほうがいい/正しいことを言うときは/相手を傷つけやすいものだと/気付いているほうがいい〉とは、年を取ると説教好きになりやすい私自身の自戒の言葉として受け止めています。

結婚式の時だけでなく、夫婦喧嘩の薬にもなるかも知れません。特に、〈互いに非難することがあっても/非難できる資格が自分にあったかどうか/あとで/疑わしくなるほうがいい〉とは、肝に銘じる言葉かも知れません。


詩の終わりで、〈生きていることへのなつかしさに/ふと 胸が熱くなる〉とありますが、この詩を読む読者の胸も、きっと熱く潤っているに違いありません。

なお、この詩にまつわるエピソードがあります。この詩のファンに女性弁護士がおられて、離婚調停の際に、夫婦がどうしても別れたいのかどうかを見極めるため、この詩を読ませるそうです。


そして、少しでも思い直す兆しがあれば、離婚を思いとどまらせるということでした。

この話を聞いて、詩の力はかくも威力があるものかと感心した覚えがあります。

「祝婚歌」は作者の名は知らないが、結婚式で朗読されるのを聞いたことがあると言われるくらい、ポピュラーな作品です。その著作権について、吉野先生の(ふところ)の深さを知る対談がありました。

 

早坂 吉野さんは「祝婚歌」を「民謡みたいなものだ」とおっしゃっているように聞いたんですけど、それはどういう意味ですか。

 

吉野 民謡というのは、作詞者とか、作曲者がわからなくとも、歌が面白ければ歌ってくれるわけです。だから、私の作者の名前がなくとも、作品を喜んでくれるという意味で、私は知らない間に民謡を一つ書いちゃったなと、そういう感覚なんです。

 

早坂 いいお話ですね。「祝婚歌」は結婚式場とか、いろんなところからパンフレットに使いたいとか、随分、言って来るでしょう。 ただ、版権や著作権がどうなっているのか、そういうときは何とお答えになるんですか。

 

吉野 そのときに民謡の説を持ち出すわけです。 民謡というのは、著作権料がいりませんよ。 作者が不明ですからね。こうやって聞いてくださる方は、非常に良心的に聞いてくださるわけですね。だから,そういう著作権料というのは心配はまったく要りませんから....

 

早坂 どうぞ自由にお使いください。

 

吉野 そういうふうに答えることにしています。

 

     早坂茂三『人生の達人たちに学ぶ〜渡る世間の裏話』(東洋経済新報社)

                              (この稿続く)


| 吉野 弘 | 12:05 | comments(2) | trackbacks(0)
吉野弘 1 「やさしい哲学者」
 

私が吉野弘という詩人に出会ったのは、27歳の秋です。詩人は51歳でした。

上京してから長い彷徨(さまよ)いの後、恩師高田敏子先生に巡り会い、先生のお宅に足繁く通うようになり、やがて先生が主宰する全国規模の同人詩誌『野火』に掲載されたインタビュー欄の担当を任されることになりました。

詩の会に入ったばかりで、詩のことは皆目分からないズブの素人が、詩壇の第一線のプロ詩人に会うのですから、それはもう、前夜から身体が震えるほど緊張しました。

 

当時、詩集を入手するのは至難の技でした。今なら、ネットで検索すればほとんどの詩集は落手できます。でも、その頃は訪問する詩人の詩集を国会図書館で調べ、仲間と事前に勉強してから伺いました。ところが、相手がこちらの質問に素直に答えてくれなくて面食らったり、作品の理解力がないために、不快な思いを与えて、仲間と逃げ出すように訪問先を辞したこともありました。

 

吉野弘という詩人については恥ずかしながら全くの無知でした。経歴を見ると、若い日に労働組合運動に力を注ぎ、書記長まで務めたとありました。詩集に載っていた顔写真は蓬髪(ほうはつ)で闘士然とした風貌でした。それできっと強面(こわもて)の詩人だと先入観を(いだ)き、おっかなびっくりの思いで家を訪ねました。

最寄り駅は、東京の遥か郊外の埼玉県との境にある私鉄駅で、「北入曽(きたいりそ)」という独特の地名(吉野先生は、この駅名を詩集のタイトルにされています)でした。

 

北入曽駅に着くと、先生は自転車で迎えに来て下さっていました。家に着くまでの道々、自転車を押しながら気さくに話しかけてこられ、その間に、私たちは詩人の人柄にすっかり打ち解けてしまいました。写真でみた印象とはまったく異なる、やさしい方でした。

季節はちょうど晩秋で、先生が散歩でよく立ち寄るという神社に寄り道しました。

大きな銀杏の木があり、黄色く色づいた落ち葉が、あたり一面に散り敷き、銀杏がいく粒も落ちていました。先生は毎日これを拾って帰るんだと笑っていました。

 

お宅を訪問すると、テーブルの上には所狭しとご馳走が並んでいました。インタビューどころではなく、懇親会の趣きでした。詩への思いを熱く語る内に、奥の方から一升瓶を取り出され、「僕は夜、さびしくて、さびしくて、深夜放送を見ながら、これが(一升瓶)が半分になってしまうんですよ」と語られました。君達もいっぱいやんなさい、と愛飲の酒を振る舞われ、しまいにはとうとう飲み会になってしまいました。

あれから、もう30年余が経ちましたが、心やさしい詩人の家で過ごした、意義深く、詩的刺激に満ちた、楽しい晩秋のひと時は、今でも目に浮かぶほど鮮やかに浮んで来ます。

 

吉野先生の詩は、日常のどんな違和感も見逃さず、その違和感の根源をとことん突き詰めていく所に特徴があります。非常に論理的で緻密に構成された詩だと言えるでしょう。

ただ、その分だけ理詰めで詩を読み解くことになり、初心の人には難解に思われる箇所もあるかも知れません。しかし、その難解さは(ゆえ)ある難しさなので、時間をかけてじっくり取り組めば、必ず詩の言葉は解きほぐれて来ます。それは、追って紹介する「生命は」「修辞的鋳掛屋」の諸作を読めば充分に理解されるでしょう。

 

吉野弘の詩の良さは、その人柄そのままに、うわべだけの薄っぺらいやさしさではなく、人の心に沁みるリアリティーあるやさしさを追求していることだと私は思います。

代表作「夕焼け」がそれを如実に証(あかし)しているに違いありません。


 

         夕焼け

 

       いつものことだが

       電車は満員だった。

       そして

       いつものことだが

       若者と娘が腰をおろし

       としよりが立っていた。

       うつむいていた娘が立って

       としよりに席をゆずった。

       そそくさととしよりが坐った。

       礼も言わずにとしよりは次の駅で降りた。

       娘は坐った。

       別のとしよりが娘の前に

       横あいから押されてきた。

       娘はうつむいた。

       しかし

       又立って

       席を

       そのとしよりにゆずった。

       としよりは次の駅で礼を言って降りた。

       娘は坐った。

       二度あることは と言う通り

       別のとしよりが娘の前に

       押し出された。

       可哀想に

       娘はうつむいて

       そして今度は席を立たなかった。

       次の駅も

       次の駅も

       下唇をキュッと噛んで

       身体をこわばらせて――。

       僕は電車を降りた。

       固くなってうつむいて

       娘はどこまで行ったろう。

       やさしい心の持主は

       いつでもどこでも

       われにもあらず受難者となる。

       何故って

       やさしい心の持主は

       他人のつらさを自分のつらさのように

       感じるから。

       やさしい心に責められながら

       娘はどこまでゆけるだろう。

       下唇を噛んで

       つらい気持ちで

       美しい夕焼けも見ないで。

                   詩集『幻・方法』(1959年)


 

車内でお年寄りに席を譲った娘が、三度、同じ状況に追い込まれた時、彼女はもう席を譲りませんでした。その理由は作品中で明かされています。〈やさしい心の持主は/いつでもどこでも/われにあらず受難者となる〉から。


受難者の心理も詳しく書かれています。〈何故って/やさしい心の持主は/他人のつらさを自分のつらさのように感じるから〉だと。

主人公の娘は、作者の分身ですね。つまり、作者の吉野弘も、他人のつらさを自分のつらさのように感じるやさしい人なんです。


以前、吉野先生がこんなことをおっしゃっていました。電車に座っていると、前に立っている人の鞄が、自分の膝にコツコツ当たる。それが不愉快で仕方がないと。本人はそれに全然気がついていない。どうして、自分が他人に迷惑をかけているのがわからないのか。怒りで、アッパーカットでもしてやりたくなると。

他人のつらさを察するナイーブな感性をもった詩人ならではの発言でしょう。

 

私がこの作品で心に残るのは、常に恥じらいを帯びている娘の心情です。

人が公衆の面前でよいことをする時は、何かしら気恥ずかしいものです。でも、そのシャイで謙虚な感情が大切なのでしょう。

〈下唇を噛んで/つらい気持ちで/美しい夕焼けも見ないで〉耐えている娘に、いじらしいほど切なさを感じるのは私だけではないでしょう。

 

高田敏子先生は、「夕焼け」という詩に、こんな感想を述べています。

「窓枠を額縁に、夕焼けを背にして座る娘。夕焼けは娘を囲む聖画、光芒を見る思いにさせる」――うつむいて受難者となった娘の心の〈闇〉と、娘の背後に広がる夕焼けの燦然とした〈光〉との対極的なドラマでもあるのです。

                              (この稿続く)


| 吉野 弘 | 22:00 | comments(2) | trackbacks(0)
SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORY
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE