村野四郎 7
 

参考に、「鹿」について作者自身の作品解読の言葉がありますので付しておきます。

私はいつも、ただ二つの解決のカギを置いてくることにしています。

その一は、この鹿は、なぜ鹿でなければいかなかったか。なぜ熊や猪ではいかなかったか、ということ。

その二は、この鹿は、自分が射たれようとしているのに、なぜ嘆きもせず、身もだえもせず、うっとりとしているか、ということ。

この二点を考えれば、この詩の秘密は、ほぼ解かれると思います。

 

第一のカギの答は、作者の美意識でしょう。死をありのままに受容する冷徹さを象徴するのに、鹿ほどふさわしい動物はいないと思われます。第二のカギの答は、死と向き合っても毅然と最後を迎えたいという作者のダンディズム(男気(おとこぎ))ではないでしょうか。

 

【補足】

村野四郎の著作には私がこれまで何度も励まされた言葉があります。最後にそれを紹介したいと思います。

 

○私は平素から、どんなに感動が白熱していようと、それを詩に表現する言葉だけは、冷酷無比に、機械のように正確でありたいと願っています。    『現代詩入門』潮新書

 

○この不安な人生も何か信頼できる世界に繋ぎとめようとする信仰に近い願いを、心の底に持ったことは当然でしょう。従ってこのような願いは、いままでのように詩を趣味や娯楽に近いものとしてはなく、もっと切実な、もっと根源的に「生」にかかわるもの、言いかえれば「芸術」として真底から、それを求めだしたということで、詩は新しい任務を与えられ、かつての有閑(生活にゆとりとひまがある意)の密室から、もっと広い、そして切実な精神の場に解放されたと見ることが出来ます。         『現代詩を求めて』現代教養文庫

 

○経済的な防波堤内で、存分に詩を味わい、詩を作ることを決心しました。そこで私は、大学は文学部を選ばず、経済学部に入学したのです。

肉体のために実業を、精神のために詩を、という二足ワラジの人生観が、いつか私の中に確立されていました。                  『現代詩入門』潮新書

 

○大学を出ると、人並みに事業会社のサラリーマンになりましたが、サラリーマンの生活の中で、詩を読み、詩を考える夜と日曜日に、どんなに楽しく、また充実感を感じたことでしょう。詩は私にとって、実業に毒された心の解毒剤であり、傷つこうとする心の予防剤でもありました。詩は慰めであると同時に、美と真実のために言葉を練るという、このささやかな行為が、どんなに人間社会の歴史のためにかかわりをもつかということを考えるだけで、ふしぎな誇りと充実感にあふれて、私の青春の生活の重要な支えになりました。

                       『現代詩入門』潮新書


 【メモ】村野四郎 1901年(明治34107日〜1975年(昭和5032

東京都出身。兄は北原白秋門下の歌人の村野次郎。府立第二中学校(現・東京都立立川高等学校)時代は体操を得意とした。

慶應義塾大学理財科(現・経済学部)卒業。理研コンツェルンに勤務。1940年、39歳で理研コンツェルンの子会社である電気器具会社の社長となる。

ドイツ近代詩の影響を受け、事物を冷静に見つめて感傷を表さない客観的な美を作り出した。詩集『罠』でデビュー。『体操詩集』(1939年)では、スポーツを題材にした詩にベルリン・オリンピックの写真を組み合わせた斬新さと新鮮な感覚が注目を浴びた。同詩集については自身は「ノイエザッハリッヒカイト的視点の美学への実験」と言っている。

1949年、49歳で日本現代詩人会を創設、初代会長。

1959年には第11回読売文学賞を『亡羊記』で受賞、室生犀星は「現代詩の一頂点」と評価した。亡くなった32日は亡羊忌となっている。晩年はパーキンソン病に悩まされた。

国語教材として取り上げられることの多い「鹿」、小中学校の卒業式の定番曲として知られる巣立ちの歌が一般的には有名である。作詞も行っており、なかでもアウグスト・ハインリヒ・ホフマン・フォン・ファラースレーベン(August Heinrich Hoffmann von Fallersleben)作詞の BieneSUMM SUMM SUMM)を日本語詞にした「ぶんぶんぶん」がよく知られている。             ウィキペディアより

                           (完)


| 村野四郎 | 18:03 | comments(2) | trackbacks(0)
村野四郎 6
 前回、「どんなに愛好している詩でも、自分の個人的経験を通して読み解かない限り、作品を本当に自分のものにすることはできない」という私の持論をお話しましたが、では、私にとって「鹿」を読み解く個人的経験とは何であったか。

この詩に向き合っている内に不意に思い当たったのは、父のことでした。

2000年に私は病気の父を看護するため、東京での生活を引き払って郷里に帰りました。

直ちに病院で検査したのですが、胃癌の末期で肝臓にも転移していました。すでに90歳近い高齢のため、主治医は抗癌剤の投与も治療もできないと言いました。


入院生活が始まりましたが、点滴による水分と栄養剤の補給だけで、一日が過ぎていきます。

病巣のあるレントゲン写真を見せられた時、父はさすがにがっくりと来た様子でしたが、その後、何ひとつ不満を言わず、同室の患者達とも口をきかず、無言のまま、ただひとり、終日天井を見つめていました。

 

看護は家内と交代で行いました。夕方まで私が病院に詰めて、仕事が終わった家内が夜は交代して10時頃まで父の世話をしてくれました。朝、父の体を拭いて朝食の介添えをし、昼食の介添えをすると、しもの世話は看護士さんがして下さるので、夕方まで私には何もすることはありません。父は日頃から無口な性分でしたので、そばに座っていても何の会話もない時間が過ぎていきます。私はただ椅子に座って、ぼんやり外を見たり、再放送の古いTV番組を見たりして、夕方までの長い時間をつぶしました。

 

それでも、ただ死を待つだけの父のそばにじっと座っていると、何とも言えないやり切れなさと哀しみがこみ上げてきて、時折、静かに泣いていました。救いといえば、高齢の恵みというのでしょうか、父は最後の時まで身体の痛みを訴えることがありませんでした。

医師は余命一年と宣告しましたが、その予言通り、入院して一年後の夏に亡くなりました。

 

私が「鹿」に向き合った時、〈彼は知っていた/小さい額が狙われているのを/けれども 彼に/どうすることが出来ただろう〉という詩句を目にした時、脳裏に浮かんだのは、静かに死を受け入れて横たわる父の姿でした。

外界を拒絶し、終日完黙のままベッドに伏す父に対して、時には何か話してくれればいいのにと恨みがましく思ったこともありましたが、あれは父なりの死に対する処し方であったようです。その静かな、たたずまいが、鹿の姿に響き合うのです。

 

長々と個人的な話題を綴ってすみません。これが私の「鹿」を読み解く経験でした。

そして、父が亡くなって十年近く経った今、不治の病いという避けられぬ運命に〈小さい額が狙われて〉いたのは、父だけではなかった。父の絶望的な時間を共に過ごした私自身でもあったかも知れないと気づきました。あの時、私も父に対して〈どうすることが出来ただろう〉と。

                       (この稿続く)


| 村野四郎 | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0)
村野四郎 5
 

作者自身によるこの解説文で、「さんたんたる鮟鱇」は鮟鱇の無惨でグロテスクな姿を借りて、人間性を剥奪されていく現代人の悲劇をテーマにしたものだと語っています。この詩は1954年(昭和29)、詩誌『詩学』8月号に発表されました。53歳の時でした。当時は敗戦の荒廃から日本がようやく立ち上がり始めた時期で、私達が現在直面しているような人間の尊厳を奪う社会問題は、まだずっと先のことでした。

薬害C型肝炎、孤独死、児童虐待のような“現代人の悲劇”と呼べるような〈人間喪失〉的問題が起こるのは、私見ではバブル崩壊後だと思います。それを考えると、村野四郎はこの詩によって、未来の悲劇を予見していると言えます。

 

テーマは現代的でありながら、卑近な鮟鱇というイメージを通した「寓意詩」です。

私は恩師安西均先生から、詩はイメージで書け、と教わりました。それが詩作の基本であり、王道でもあります。その意味で「さんたんたる鮟鱇」は詩作のモデルのような作品だと思います。また、技術的にも〈うすい膜の中の/くったりした〉という秀抜な修辞があります。

 

      鹿

 

    鹿は 森のはずれの

    夕日の中に じっと立っていた

    彼は知っていた

    小さい額が狙われているのを

    けれども 彼に

    どうすることが出来ただろう

    彼は すんなり立って

    村の方を見ていた

    生きる時間が黄金のように光る

    彼の棲家(すみか)である

    大きい森の夜を背景にして

                          詩集『亡羊記』1959

 

これまでほとんどの教科書で採用された作品です。私も高校の教科書に載っていました。

著名な詩ですので、多くの詩人が評しています。

この姿を現わした鹿は、いうまでもなく鹿そのものであると同時に、人間であり、われわれ自身であり、すべての生命そのものであるといってもいいのだが、この鹿が射たれて死ぬという惨事が、一瞬前に詩人のカメラにとらえられたとき、そこに生命の最も美しい瞬間の輝きがあったという点に、この詩の秘密の鍵がある。      大岡信

 

しかし、この詩の優れた点は、当時高校生の私にはなかなか理解しがたいものでした。

何故なら一つの詩を深く理解するためには、ある程度の人生経験が必要だからです。

「どんなに愛好している詩でも、自分の個人的経験を通して読み解かない限り、作品を本当に自分のものにすることはできない」というのが、私がいつも詩の教室で話している持論です。

                       (この稿続く)


| 村野四郎 | 16:49 | comments(0) | trackbacks(0)
村野四郎 4
 

     さんたんたる鮟鱇(あんこう)
         
――へんな運命が私を見つめている  リルケ

 

    顎を むざんに引っかけられ

    逆さに吊りさげられた

    うすい膜の中の

    くったりした死

    これは いかなるもののなれの果だ

 

    見なれない手が寄ってきて

    切りさいなみ 削りとり

    だんだん稀薄になっていく この実在

    しまいには うすい膜も切りさられ

    惨劇は終っている

 

    なんにも残らない廂から

    まだ ぶら下っているのは

    大きく曲った鉄の(かぎ)だけだ

                          詩集『抽象の城』1954

 

この作品には作者の懇切な解説があるのでご紹介します。

私は、この魚を魚屋の店頭でみたとき、はてな、このみじめな、こっけいな姿は何かに似ているな、といった妙な衝撃をうけましたが、それがこの詩のモチーフとなりました。

その次に、死さえ奪いさられてしまうこの悲劇は、現代に生きる人間の状況に何かよく似ているように思えたのです。たしかにそうでした。似ているから、この日常的な光景が、暗喩の対象として私の心をとらえたのでした。日々に私たち人間の人間性を削りとり、うばい去る現代の現実にひそむ悪は、ついにすべての人間を、のっぺらぼうの類型にしてしまうのですが、これを形而上(哲学)的にみれば、人間がなくなったことを意味します。これがすなわち、いわゆる「人間喪失」といわれる現象です。私はそのアンコウに、人間喪失の現場を見た気がしました。(中略)

その後から追いかけるようにして、軒からぶら下がっている(から)の鉄の鉤が目にはいりました。そしてその鉤は、何か次に引っかけられるもの待ちかまえているように見えたのです。

この新しい犠牲を待ちかまえる貪婪なもの、それはさしずめ、この世の悪の実態、人間の原罪の正体ではないかと、考えられてきました。

こうした衝撃が、まとまって、ここにこのような一篇の詩ができ上がったのです。

                     (この稿続く)


| 村野四郎 | 10:41 | comments(3) | trackbacks(0)
村野四郎 3

     飛込

 

   僕は白い雲の中から歩いてくる

   一枚の距離の端まで

   大きく僕は反る

   時間がそこへ皺よる

   蹴る 僕は蹴った

   すでに空の中だ

   空が僕を抱きとめる

   空にかかる筋肉

   だが脱落する

   追われてきてつき刺さる

   僕は透明な触覚の中で藻掻(もが)

   頭の上の泡の外に

   女たちの(わらい)や腰が見える

   僕は赤い海岸傘(ビーチパラソル)

   (おおき)い縞を掴もうとあせる

                          詩集『体操詩集』1939

 

「棒高飛」「飛込」を収めた、これら『体操詩集』の諸作品を読んで受ける不思議な透明感はなんでしょう。

素材はスポーツの種目ですが、競技に賭けるアスリートの葛藤や根性を描いているのではありません。競技者の動作のプロセスを冷徹に分析し、競技をする者の心理(情感ではなく)を言葉で追跡しているのです。

今までの抒情詩ならば、アスリートが記録に挑戦する気迫や、困難を乗り越えていく情熱を描いたに違いありません。しかし、村野四郎は情感を排し、動体感覚というものを言葉によって実に巧みに捉えています。

 

といっても、競技中に選手が抱く、一遍の感情のかけらも入っていないわけではありません。

ちょうど、サッカーのPK戦でボールを蹴るまでは、キッカーの心にはためらいや迷いが渦巻くでしょうが、いざ決断し、ボールを蹴る一瞬は無心でしょう。そんな“白熱の無心”といった心理状況が描かれています。


これは新進気鋭の若き詩人であった村野四郎が、ドイツ近代詩に触発され、日本の古い抒情詩に対抗して行った実験的な文学運動でした。村野が影響を受けた文学運動とは、新即物性文学(ノイエ・ザハリヒカイト)と呼ばれたものでした。その名の通り、感情を排し、物に即した表現を追求した文学手法でした。当時の詩壇では話題となりましたが、追随者はなく、結局、村野四郎一代の実験に終りました。

 

では、村野が試みた新即物性文学とは、どんなものだったのか。

「棒高飛」で、〈上昇する地平線を追いあげる〉という詩句があります。

これは、競技者の目線を基準にすると、(ポール)で飛び上がった身体が横木(バー)に近づくに従って、地平線が上がっていくように見え、あたかも自分が水平線を押し上げているような錯覚を描いたものです。

終行の〈地平線がおりてきて〉も同様で、バーを越えて落下する競技者の目には、今度は地平線が降下するように錯覚します。肉体の動きに連れて、空間も変貌します。


瞬時に消える肉体の軌跡を正確かつ克明に追い続ける、優れたカメラ・アイ。村野四郎の前に、このような詩の世界を手がけた詩人はいませんでした。

バーを飛び越えた選手が加速度をつけて落下し、着地台で身体を打った時の衝撃を、〈地平線がおりてきて/はげしく彼の肩を打つ〉という表現は類い稀な修辞です。

まさに、物に即した――この場合は“動体感覚”に即した秀抜な詩的表現です。

 

「飛び込み」では、踏み板を歩く様子を、〈一枚の距離の端まで〉と表現した所に、物に即した斬新な発想があります。飛び込む直前のためらいと決意、その緊張感を〈時間がそこへ皺よる〉と、目に見えない時間を視覚化しました。

空が僕を抱きとめる/空にかかる筋肉〉が表しているのは、踏み板を蹴り、選手が落下する直前、宙に一瞬、体が止まったような動きを、緻密に修辞したものです。

だが脱落する/追われてきてつき刺さる――すぐに落下が始まり、選手の体は加速度を伴って激しく水面に〈つき刺さる〉。この〈追われてきて〉の修辞には、加速していく速度と落下への恐怖が込められています。

水の中でもがく、と言わず、〈透明な触覚の中で藻掻く〉と修辞したのは、既成の表現を避け、すべてを新しい発想で貫こうとした、村野四郎の気迫に満ちています。

 

体操詩集の清新な表現に出会うと、こんな論評が浮かんで来ます。

詩人の感激というものが、言葉を豊富にすることにあるのでなく、むしろ言葉を変質させて行くこと、余剰な言葉を捨てて行くことにあるという制作の秘密が、そこに見事に示されている。

                         清岡卓行

 

『体操詩集』が世に出たのは、1939年。世界史の上では、ドイツ空陸軍がポーランドに侵攻し、英仏がドイツに宣戦布告して第2次世界大戦が勃発した年に当たります。日本も中ソ国境でノモンハン事件という大規模な紛争を起こし、次第に戦争の脅威が近づいて来た頃です。

このような動乱の時代に、世相を超越し、独自の詩的美学を築いて『体操詩集』を刊行したことは、詩人の孤高性と存在意義を証しているに違いありません。

                       (この稿続く)


| 村野四郎 | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0)
村野四郎 2
 

村野四郎は、昭和詩の主流であった主知派(モダニズム)(感性より知性を重んじる文学思潮。芥川龍之介が典型)の中心的存在でした。初期の詩風は、ドイツ文学の影響を受けた新即物性文学(ノイエ・ザハリヒカイト)を提唱、その結実である詩集『体操詩集』(昭和12年)は詩壇に大きな反響をもたらしたと言われています。戦後は実存主義文学(「今、現にここに存在している私」を問題とする文学思潮)を唱え、詩集『亡羊(ぼうよう)記』(昭和34年)で読売文学賞を授けられました。室生犀星は「現代詩の一頂点」と絶賛しました。日本現代詩人会の創設者で初代会長を務め、詩壇のご意見番かつ論客として、『今日の詩論』『現代詩読本』『現代の詩論』『現代詩を求めて』など多くの詩論書があります。私も大学の生協で偶然、村野四郎の『現代詩入門』という新書版を求めましたが、爾来、今日に至るまで座右の銘となっています。


 

     棒高飛

   彼は地蜂のように

   長い棒をさげて駆けてくる

   そして当然のごとく空に浮び

   上昇する地平線を追いあげる

   ついに一つの限界を飛びこえると

   彼は支えるものを突きすてた

   彼には落下があるばかりだ

   おお 力なくおちる

   いまや醜く地上に顚倒(てんとう)する彼の上へ

   突如 ふたたび

   地平線がおりてきて

   はげしく彼の肩を打つ

                      (この稿続く)


| 村野四郎 | 10:07 | comments(0) | trackbacks(0)
村野四郎 1

村野四郎という名は若い世代には、あまりなじみがないかも知れません。これまで私の詩の教室でも紹介したことはほとんどありませんでした。「ブンブンブン ハチがとぶ おいけのまわりに のばらがさいたよ ぶんぶんぶん はちがとぶ」という童謡や、卒業式でよく歌われる「巣立ちの歌」の作詞者と言えば、少しは頷かれるでしょう。

 

しかし、村野四郎は童謡作家でも作詞家でもありません。これは詩作外の余技に過ぎません。

私にとって村野四郎には多少の縁がありました。何故なら、恩師高田敏子先生の師匠筋に当たる詩人だからです。ただ、私が高田先生に出逢った年の、半年前に他界されていて、残念ながら声咳(せいがい)に接することはできませんでした。

高田門下に入る前、色々詩の入門書を漁った時期がありました。詩について説かれた書の中で最も信頼がおけ、一番影響を受けた詩人でした。その頃、私は村野四郎と高田先生の繋がりなど知るよしもありませんでしたが、偶然とは思えぬ(えにし)を感じます。

 

1960年(昭和353月から朝日新聞家庭欄に写真と組み合わせた詩が毎週一回掲載されました。作者は、当時まだ無名の詩人だった高田敏子。毎月曜日の夕刊に載ったことで「月曜日の詩」と呼ばれました。詩の連載は主婦層に爆発的な好評を博して3年余り続き、後に『月曜日の詩集』『続月曜日の詩集』としてまとめられて刊行されています。

 

この「月曜日の詩」によって高田敏子の知名度は一気に高まり、全国から詩が寄せられたり、詩の書き方を尋ねる手紙が殺到しました。個々の問い合わせに答えていたら、自分の時間はなくなってしまいます。

そこでついに、高田先生は全国の愛読者のために、生活と詩を結ぶ「野火の会」を結成、誰でも入れる詩誌「野火」(隔月刊)を1966年(昭和41)に創刊しました。この「野火の会」発足にあたり、高田先生が相談に赴いたのが、村野四郎でした。

 

村野四郎は『月曜日の詩集』に過分な序文を寄せています。

この詩集のすべての作品に通じる精神的な主題は何かといえば、それは「生活の中の知恵」です。それは、やさしい母の愛と美しい詩人の心だけが人間に教えてくれる知恵なのです。

この知恵の本質は、現代を没落と崩壊とから救うことの出来る唯一のものですが、それが、私たちの生活のどんな些細な場所にも、どのように息づいているかを、この詩集ぐらい、やさしく温かく教えてくれるものはないでしょう。現代という不安と危機の時代に、自分をも隣人をも救う精神的要素を汲みとられることを心からのぞみたいとおもいます。

高田先生はこの序文を見て、『野火』創刊を本気で思い始めたといいます。

(この稿続く)


| 村野四郎 | 18:55 | comments(5) | trackbacks(0)
SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORY
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE